ミチノスケのやったるわ!!

ぶつぶつMutter

ミチノスケとやってさんによる独り言を、掲載しているページです。中にはお宝な話がみつかるかも?(あ、あまり期待しないでください!)

キスの意味

公開日: 作成者:やってさん

 さぁさぁお立ち会い!

 寄ってらっしゃい、見てらっしゃい!

 やってさんでございます。

 皆さんはキスについて疑問に思ったことはありませんか?

 普通です。好きな人とするもの。海外では挨拶でしょ?恥ずかしい。お姫様が目覚める。接吻のこと。エロい。したい。足に!

 な~んて漠然とした理解(一部願望?)ではないでしょうか?

 今回はそんな皆様の疑問?にお答えしようと、ぶつぶつらしからぬ?テーマでお送りします。

 

 さて、西洋のドラマや映画でよく観る、王子様がお姫様(目上の女性)に膝まずいて手の甲にキス(フリだけの場合も)する場面、ありますよね。

 他にも、海外の挨拶で頬に軽くキス(音だけの時も)するところもよく観ますね。

 また、SMプレイで女王様が豚に……、じゃなかった、下僕……でもない、配下の人に対して、足を差し出しながら命令したりしますね(良い子は解らなくても親に聞いちゃダメよ?変な空気になりますから)。

 

 実はこれらにはちゃんとした意味が存在します。

 と、いうよりも、キスをする場所に意味があるのです。

 しかも、意味のある場所は22ヶ所にも及び、場所によっては相当深い仲でなければ出来ない場所もあります。

 上記のSMがそうですね(聞いちゃダメよ?)。

 また、これらは男性から女性へする場合に該当すると言われています。

 しかし、場所によっては女性からの意味とも取れるものもあり、詳しくは皆さんで調べてみて、パートナーときゃっきゃしながらいちゃいちゃしてください(笑)

 では、肝心の場所とその意味を頭の先から順に、ずらりと並べてみましょう。

 

 

髪→思慕 (しぼ)、思い慕うという意味

額→友情

瞼(まぶた)→憧憬 (しょうけい・どうけい)、憧れの意味

耳→誘惑

鼻梁(びりょう、はなすじの事)→愛玩 (めがねじゃないよ?)

頬→親愛

唇→愛情

喉→欲求

首筋→執着

背中→確認

胸→所有

腕→恋慕 (れんぼ)、恋慕うという意味

手首→欲望

手の甲→敬愛

掌(てのひら)→懇願

指先→賞賛

腹→回帰

腰→束縛

腿(たい、ももの事)→支配

脛(すね)→服従

足の甲→隷属(れいぞく、つき従うこと)

爪先→崇拝

 

 以上が22ヶ所になります。

 何となく情景が浮かびますね。パートナーとの関係性も、恥ずかしいくらいにもろ判りですな(笑)

 これをふまえた上で数々の作品のシーンを思い浮かべると、納得するところがあります。

 SMの関係性もですね(聞いちゃダメだってば!)。

 

 さて、皆さんはキスをどのくらいしてきたでしょうか。それらは上記に当てはまるでしょうか?

 知った後だと、ものすごく恥ずかしい所にした記憶がある人もいるかもしれませんね。

 それこそ知らない方がよかったと思う人もいるかも。

 これからする人も、知ってしまうと意識しちゃうかな?

 そんな風に、きゃっきゃ、うふふ♪しながらパートナーといちゃついてください。

 

 この知識が男女の1つの話題になればと思います。

 羨ましい限りだ(笑)

 

 本当に良い子は親にSMって何?とか、女王様とぶ……じゃなかった、下ぼ……でもない、配下の人って何?って聞いちゃダメよ?絶体に聞いちゃダメですからね?

 大人になると自然と解ることですから(笑)

 大人でも判らない方はどうぞ、穢れのない綺麗な心のままでお過ごし下さい(笑)

 

 本当に、羨ましい限りだ(笑)

 ちなみに足は俺の願望ではありません(笑)

 

2018年11月吉日 やってさん著

このページの先頭へ