ミチノスケのやったるわ!!

ぶつぶつMutter

ミチノスケとやってさんによる独り言を、掲載しているページです。中にはお宝な話がみつかるかも?(あ、あまり期待しないでください!)

働き蟻と人間の組織

公開日: 作成者:やってさん

 さてさて、今回は前回に続いて仕事に関するお話でございます。

 ズバリ「働き(あり)の法則」です。

 簡単に説明いたしますと、働き蟻はその全てが働いているわけではなく、二割が一生懸命に働き、六割が普通に働き、残りの二割は全く働かないというものです。

 別の言い方があり「2・6・2の法則」ともいわれています。

 

 法則というのですから、もちろん規則性があり、どういじったとしても大体この比率になるということです。

 一生懸命に働く二割の働き蟻を取り除いても、残りの八割の中から全体の二割が一生懸命に働き始め、逆に全く働かない働き蟻を取り除いても、残りの八割の中から全体の二割が働かなくなります。

 そして、面白いことに、普通の働き蟻である六割を取り除いても残りの四割の中から全体の六割に当たる働き蟻が普通に働くようになり、全体の割合が必ず2・6・2になるようになります。

 

 これは人間の社会においても当てはまることが多いとされ、組織運用に利用されていたりするそうです。

 サラリーマンなど、集団や組織だった会社にお勤めの方々ならば、何となく心当たりはありませんか?

 組織の中で率先して物事に当たるリーダーシップをとる人間と、気がついたらサボっていたり遊んでいたり、言われるまで動こうとしない、やる気のない人間はどこにでもいるなぁ、と。

 思い当たる節があれば、その割合を何となく想像してみてください。

 全てではありませんが、何となく当てはまると思いませんか?

 

 これはうろ覚えなのですが、ずいぶんと前に、どこかの会社の人事担当の方が仰っていたのですが、人員募集を行い面接で合格させる時に、出来る人間ばかりを採用するのではなく、できない(できそうに思えない)人間も採用し、会社組織のバランスをとることがあるのだそうです。

 しかし、このバランスというものがとても難しいのです。

 サボると思っていた人が活躍したり、逆にかなり出来ると思っていた優秀な人材が、問題を起こしたり、怠けたりすることも多く、バランスを崩すと、予期せぬことが多々起こることがあるのだそうです。

 優秀な人材だけを集めたとしても、その内の二割は活躍せず、プロジェクトが失敗に終わるなんてことも。

 

 さて、ここまで読んでいただいた方には何となく想像できてきた方もいらっしゃるかと思います。

 この法則は人間にも当てはまり、尚且例外はあまりないということ。そしてそれはビジネスや経営にも影響を与えるということです。

 

 例えば、会議などであまり発言をしない人達がいて、その人達の意見を聞きたい場合、発言をしない人達を集めて会議を行えば、必然的にその内の二割が自発的に発言を始めるのです。

 あまり仕事のできない、もしくは有能ではない人、または自発的に動かない人達も、それらのグループを作れば必然的に二割が自発的に動き始めたり、一部の人が優秀な働きを始めたりします。

 

 全てではありませんが、法則性があるのも確かですので、試しに利用してみるのもありかもしれません。

 

 しかし、この法則にはデメリットもあります。気を付けなければ、会社丸ごと巻き込んでしまうかもしれません。

 気を付けるべきは一生懸命な二割でも、働かない二割でもありません。

 ズバリ普通の六割こそがこの法則を好転させるかどうかの鍵を握ります。

 なぜなら、人間は集まると個々の思考が鈍り集団に流される習性を持つからです。

 さらに、強い者に引かれるというのもまた然りです。

 つまりは、リーダーシップをとる二割の人間にカリスマ性があれば六割はこちらに傾きます。

 しかし、活気がなく、やる気のない人の中に、口八丁手八丁でサボりながらも憎めないような、ある意味カリスマ性がある人間がいれば、六割もまたこちらに傾いてしまうのです。

 ビジネスに、会社にとって、どちらに比重が傾いた六割を作るか、それがこの法則の鍵ともいえますね。

 会社全体に活気があり、会社のビジョンもしっかりとしていて、目標等がある会社ならば、おそらくカリスマ性のあるリーダーシップを取れる人材、または働き者の二割に、比重が傾いているということです。

 逆に何事にも緩く、目標や会社としてのビジョン等がない、もしくは活気がない、会社として大丈夫かと言いたくなるような場合は、働かない二割の側に傾いているかもしれない、ともいえるでしょう。

 

 さらに「働き蟻の法則」または「2・6・2の法則」ですが、人間に当てはめると、別の法則も関わってきます。

 

 それが「集団1/5の法則」といわれているものです。

 これは組織には大なり小なり、大きく分けて5つの集団で構成されているというもので、それぞれが以下の通りになります。

 

第1集団:自発的にやる気を出す人達

第2集団:他にやる人がいればやる気を出す人達

第3集団:命令されればやる気を出す人達

第4集団:命令されてもやる気の出ない人達

第5集団:やる気のある人達の足を引っ張る人達

 

 これは「2・6・2の法則」をさらに細分化し、6割に当たるところをさらに三つに分けたものといえ、身の回りを考えると、いるいるこんな人って感じですね。

 

 第1集団は所謂先に述べた一生懸命に働く働き蟻に該当し、第2集団~第4集団は普通に働く働き蟻に、そして第5集団が働かない働き蟻に当たります。

 しかし、こちらの法則の方が人間組織には当てはまりやすいでしょう。

 それに、集団に付けられた名前は先の「2・6・2の法則」よりも具体的で、特に第2集団~第5集団は、何よりも生々しく、人間らしいですね。

 

 

 今回皆さんに言いたかったのは、上に立ち、下を采配する上で、こういったノウハウも知っておきたい、知っていて欲しいということ。

 そして、使えないとか役に立たないと(さじ)を投げ、見捨てるような上司になるのではなく、どうしたらうまく働くようになるのか、どう采配すれば働きやすくなるのか、下が意見を述べやすくて仕事をする上での環境を良くするために、しっかりと考え抜いて欲しいということです。

 下を育てるということ、そのほとんどが上の判断や知識によって決まるのです。

 下のポテンシャルを引き出すのも、上の仕事だということを忘れてはいけませんね。

 その一つの方法として、采配を考えるだけでも変わるということを知って頂きたいと思います。

 

 

 補足ですが、他にも「~の法則」「~の原則」という、ビジネスや経営にも役立つものがいくつもあります。

 

 一部ですが御紹介だけしておきますね。

 

 まず「1:5の法則」は、新規の顧客への販売コストは、既存の顧客への販売コストの5倍かかるという法則です。

 

 また「5:25の法則」は、顧客離れを5%改善すると、利益が最低でも25%改善されるという法則です。

 

 他にも「例外の原則」とは、経営者は日常でする反復的な業務の処理を、部下に移譲し、例外的に行う業務(戦略的意思決定及び非定型的意思決定)の処理に専念すべきである、というもので、「権限移譲の原則」ともいわれています。

 

 これも知って欲しい法則ですが「1/8の法則」とは、会議や打合せに使う全ての時間を1/8にするというもので、会議や打ち合わせの回数を半分にする。参加する人数を半分にする。そもそもの時間を半分にする。と、具体的には大きく三つあり、これで合計が「1/2×1/2×1/2=1/8」になるというもので、時間の使い方の法則です。

 

 最近知ったもので「1.01の法則と0.99の法則」というものがあります。

 これは1.00を普段の力として考えた場合、1.01のようなちょっとした努力や成長でも、一年365日毎日積み重ねると大きな力(数字で表すと一年で約38倍の力)になり、逆に0.99のように、ちょっとでもサボってしまったり、だらけてしまい、それを積み重ねていくと力どころか逆に何も進まず、そのままだと力を失い(数字で表すと一年で約0.03倍)元の力よりも劣ってしまうことになる、のだそうです。

 

 他にもマルコム・グラドウェル氏が提唱した法則で「10000時間の法則」というものもあります。

 これは提唱した人を知らなくても、言葉自体は以外と有名な法則ですね。

 偉大な成功を収めた起業家や世界的に有名なスポーツ選手など、何らかの分野で天才と呼ばれるようになる人達に共通しているのは、10000時間を越える努力をしていること。

 つまり長い期間その分野に打ち込んできたことが大きく関係しているというものです。

 

 

 

 他にも俺の知らない法則や原則があるでしょうが、皆さんも一度自身で調べてみてはいかがでしょうか?

 当たり前のようで、当たり前に出来ていないことも多く、大変勉強になりますよ。

このページの先頭へ