ミチノスケのやったるわ!!

ぶつぶつMutter

ミチノスケとやってさんによる独り言を、掲載しているページです。中にはお宝な話がみつかるかも?(あ、あまり期待しないでください!)

上に立つ者

公開日: 作成者:やってさん

 先日、仕事の後輩がアルバイトに対して言った一言について、ここでお話したいと思います。

 

 とある日にアルバイトで働いている大学生の男子が何やら後輩の男に仕事上で迷惑をかけたのだそうです。

 まぁ、普通に考えればよくあることなのですが、それを後輩は俺に報告という形で話してきました。

 内容は省きますが、その時に後輩がアルバイトに怒りながら言ったと話した言葉に、俺の中にある「スイッチ」が入りました。

 

 そこからはお説教モードに入ります。

 

 後輩がアルバイトを怒った時に言い放った言葉とはどんな言葉なのか。

「お前な!俺に迷惑かけんなや!解ったか!」

 というものです。

 頭ごなしに怒るタイプの上司がよく言う言葉ですね。

 俺はこの言葉にスイッチが入り、後輩にお説教をしました。

 

 そもそも、迷惑とは?

 上司の仕事は自分の仕事だけではありません。後輩やそれより下のアルバイトなどの管理やフォロー、円滑な部門運営もその仕事です。

 現代社会において人間関係の問題解決もまた仕事となっています。

 

 これからの台詞は俺の持論です。文句があるならどなたでもどうぞという気持ちでここに書かせていただきます。これが後輩に注意したときに言った言葉を短くしたものです。

 

「お前は◯◯(アルバイトの名前です)の上の立場っていう自覚があるんやろ?

 上に立つ以上は迷惑かけられて当然やし、迷惑かけられるのが仕事やろ。

 かけられたくないなら上に立つ必要はないで?

 むしろ、迷惑かけられるってことは下が安心して仕事できてる証拠やん。それを自分で否定するんか?

 失敗して怒られて、あまつさえ迷惑かけるな!って言われたら下も自分で考えたり新しいことに挑戦したりって自主的な行動ができんなるやろ。

 萎縮して動けなくなったら、また怒られての繰り返しになるだけやしな。

 顔色うかがいながら仕事される方が余計にスピードも落ちるし、下が育たない事ぐらい解るやろ?

 さっき、言うこと聞かへんからイライラするねんって言うてたけどなぁ、その原因は◯◯かも知らんけど、根本的な要因はお前がそういう考えでおるからやで?

 下が動けるようになれば、その分お前は自由に動けるねん、イライラもなくなるしな。

 下が言うこと聞かないのは、上であるお前にそれだけの器がないからとも言えるねんで?

 愚痴を言うのは解るけど、自分はダメなやつですって自分で言うてるのと同じやねんからな?

 むしろ迷惑をかけてもらえるくらい、責任力のある人間になればええねん。

 そしてストレスだろうと怒りだろうと表に出さず、食いしばれ。

 ええよええよ、俺が何とかしといたるから、次は頑張れよってくらい笑顔で言うたれよ。

 それが上に立つってことや。

 そうしたらな、下は自分からちゃんと考え始めるねん。信頼と信用を下から勝ち取れれば、下は、この人には迷惑かけたくないって思ってくれるようにいずれなっていくねん。

 迷惑かけるな!って言う上司になるよりも、下からこの人には迷惑かけたくない。頑張ろうって思ってもらえる上司にならないと」

 

 さらに俺のお説教は坦々と続きました。

 

「それとな、◯◯は怒っても聞いてくれないって話やけどな。そもそも、怒るってのは感情表現やねん。

 お前は◯◯を怒るんじゃなくて叱らないとあかんかったんやで?

 どこがどう悪くて、次からはこうしてほしいって答えを教える。

 他にも、自分ではどこが悪かったと思うか、一度自分で考えてみて?

 それでも失敗するなら別の事が原因やねんから、次は別のところ変えてみるとか、工夫していけば?

 って自分で考えさせたりね。

 そうやって言うてあげないと。頭ごなしに怒りをぶつけても、相手は何が何だか解らないまま、萎縮して、すみませんしか言われへんし、それじゃまた次も同じ失敗するようになるで?」

 

 とまぁ、こう大幅に短縮していますが、こういったことを後輩にお説教したわけですが、皆さんはどう思われるでしょうか?

 上に立つ者としての心構えと言いますか。

 

 怒ると叱る。

 迷惑と責任。

 感情を表に出すか出さないか。

 

 新人は何もわかりません、出来なくて当然です。この時期に上司から言われたことや上司の行動を見て、下は育ち、影響を受けます。

 その影響は結局上司や先輩である自身へと返ってきます。

 その後、下がどう育つかは上司や先輩方の言動いかんで決まります。

 馴れ合えば良いというわけではありません。

 注意しなければならないところはしなければなりません。

 ですが、感情をぶつけて良いなんてことは、もっとありえません。

 先ずは部下や後輩がどう考え何故その事が起きたのか、話を聞き、お互いの意見をしっかりと伝え合い、お互いに考え、理解し、問題の解決に取り組むのが最善だと思います。

 勿論、何でもかんでも答えを教えれば良いわけでもありません。

 時には遠回しに注意だけして、本人に考えさせ、上に立つ者は見守るだけで、下に問題を解決させることも必要です。

 その結果間違うこともあるでしょうが、その失敗は本人にとって成長できるチャンスでもあり、大きな経験になります。

 下の失敗は上が責任を取ればいいだけなのです。

 尻拭い、大いに結構。迷惑なんてとんでもない話です。

 この下の失敗のフォローや尻拭いが、上に立つ者にとっての経験になり、さらに上へと登るための財産になります。

 これこそが上に立つということですし、下がこの人についていこうと思えるところと言えるでしょう。

 

 間違ってはいけません。上は下を見ていなくとも、下は上を常に見ています。

 部下や後輩は上司や先輩の道具ではありません。

 働いてもらっている。

 手伝いをしてもらっている。

 言わば部下や後輩は上司や先輩の手助けをしてくれているのです。

 

 勿論、性格や生活環境によっては体育会系のような厳しい指導が向いている場合もあります。

 しかし、そこに愛情があるかないか、それが伝わっているか否か、そこは大きく影響するでしょう。

 人それぞれに対して、一人一人しっかりと見ていく必要があります。

 その人その人にあった教育が必要です。

 確かに、会社のシステム上、個人に出きることは限られてくるでしょうし、机上の空論と言われるかも知れませんが、一昔前にあった年功序列や上の言うことが全てと言う時代は、もう、古い体制となりつつあります。

 下の意見を聞き入れ、新しい風を取り入れていく、その環境変化に適応した会社が近年では台頭してきているのもまた事実です。

 

 全て変える必要はありませんが、若い世代が働きやすく、上に立つ者も働きやすい、そんな理想の会社を築いていく。

 机上の空論、良いじゃないですか?

 それを現実にしてきているところがある以上、無理な話ではないはずです。

 

 仲の良い仕事仲間や先輩後輩、それこそ上司と部下、少しでも良いです、話し合ってみるのはどうでしょうか?

 仕事場の人間関係もそうですが雰囲気も変わるかもしれません。

 環境を良くすれば必然的に仕事の効率も上がります。新人の離職率も下げられるかもしれませんし、意欲も出てくるでしょう。

 下が育てばやれることも増えていきますしね。

 

 新人の入ってくる季節、後輩や部下が出来る時期ですし、その環境に少しずつなれてくる頃です。一度話し合いの場を設けて、試してみるのはいかがでしょうか。

 

 ただ話し合うだけでは何も変わりません、ですがその一歩にはなります。

 上に立つ者、下で支えている者、間で板挟みになっている者、個人個人が意識をして、考え、話し合い、行動に移す。

 言うのは簡単ですがやるのは大変です。

 机上の空論、上等です。

 問題はその一歩を踏み出すかどうかです。

 

 

 夢無き者に目標無し

 目標無き者に計画無し

 計画無き者に行動無し

 行動無き者に成果無し

 

 

 俺の好きな言葉ですが、そのような会社が夢を見ることをきっかけにして成果として現れるかもしれない。

 

 皆さんも、過去・現在・未来においての「上に立つ」ということ、考えてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ