ミチノスケのやったるわ!!

ぶつぶつMutter

ミチノスケとやってさんによる独り言を、掲載しているページです。中にはお宝な話がみつかるかも?(あ、あまり期待しないでください!)

勉強

公開日: 作成者:やってさん

 皆さんはお幾つになられたでしょうか?

 唐突な質問ですが、歳を重ねると何故か皆が思う「若いときにもっと勉強してれば良かった」なんてことを、俺も最近思うようになりました。

 これを思うと「あぁ、もう歳やなぁ」って思う自分がいます。

 曰く「勉強はいつしても遅くはない」です。

 

 先日ミチノスケと行った資格講座の影響でしょうか、勉強という言葉が頭に残っています。

 

 ですが、学生時代ならともかく、勉強と聞くと、まず、仕方がわからなくなってきました。

 何から手を着ければいいのか。どう取り組めばいいのか。目標はどうするのか。

 行動よりも先に頭に浮かんでくるのはこういったことです。

 大人になると時間も思うようにあまり取れません。

 結果として思うだけで勉強せず、ただただ「若いときにもっと勉強してれば良かった」と台詞を吐くだけとなるのです。

 

 数年前に一度中学生向けの参考書の内容をパラパラと確認したときに以外と覚えてるものと、忘れてるものがあることに気づきましたね。

 この時にもう一度勉強しようとも思いましたが、御多分に洩れず、どう手をつけるか、となり、結果として「若いときにもっと勉強してれば良かった」になりましたね。

 

 最近は就活生にはお馴染みになりつつあるSPI(Synthetic Personality Inventory 総合適性検査)なんてものがあります。その参考書が個人的に有難いですな。

 このSPIは株式会社リクルートキャリアが開発したもので、毎年多くの企業が実施している適性検査の事です。

 総合的なテストと言うべきなのか、単なる学力テストではなく、あらゆる適性をみるためのものですが、小学生から大人にかけて勉強してきたものがギュッと詰まってる感じです。

 例えば方程式、分数の計算や約分、積分、確率、推論、図形やらグラフやらなんやらかんやら全て。英語、国語もです。

 読解力やコミュニケーション能力、時間配分等も試され、正に適性検査と言えます。

 

 就活生ではなくても勉強になります。

 個人的にですが推論の問題が面白く、参考書をパラパラと内容確認程度に立ち読みするだけのはずが衝動買いしてしまいました。

 この歳になって分数や方程式等を解くのはちょっと、と抵抗もありましたが、やってみると以外にも楽しかったりします。

 ジワジワと記憶も戻るもので、サクサク解けたり、懐かしさもあり、楽しく感じます。

 

 何でしょうなあ。義務ではない自発的な勉強は以外と楽しい。それに気づいた今日この頃です。

このページの先頭へ