ミチノスケのやったるわ!!

ぶつぶつMutter

ミチノスケとやってさんによる独り言を、掲載しているページです。中にはお宝な話がみつかるかも?(あ、あまり期待しないでください!)

「宗教用語使うな!」って今更無理やんと思う、今日この頃

公開日: 作成者:やってさん

 先日仕事先の友人と、とある話で盛り上がりました。

 それはたまに耳にする「○○は宗教用語なので使わないで下さい」と言うものや「○○は健康に良いから、食べて(したことが)ないなんて損してる」って言われたらどうする?というものでした。

 俺は「いや、そんなん気にしてたら何もできへんし、喋られへんようになるで?そら差別用語とかは気にしないとあかんけど。宗教ってなるとなぁ。多宗教の日本やし、数え切れへんほど身の回りにあるしなぁ。健康に良いって大概眉唾やん。すぐに別ので覆されるしな」と答え、身の回りにある使えなくなるであろう言葉や一時期流行った健康に良いとされてるもので、あれもやん、これもやん、と盛り上がりました。

 

 例えばここ最近だと「メリークリスマス」のメリーは宗教用語なので使うなと言うものです。

 なのでここ最近は目にする文句は「ハッピークリスマス」が多くなっていますね。

 気にする企業は気にするようです。ですが個人単位となるとそこまで気にしてられないでしょう。

 たまにそれを押し付けてくる方々はいますがね。

 

 はっきり言って誰にも文句を言われない言葉や活動なんて、この世にないのではないか、と俺は思います。

 だって言う奴は何かにつけて言うよ!って話です。

 ちゃんとした活動をしていらっしゃる団体はともかく、ただただ言いたいだけの連中が多い。ネット社会の弊害でしょうか?

 

 自分の中の考えを押し付けると言うことは、相手に押し付けられても文句を言えないと言うことをちゃんと理解してもらいたい。

 自分がしていることを人にされると怒るなんて、正直意味がわからない。

 はっきり言って押し付ければ、相手は反発するか流します。

 ちゃんとした活動をしていらっしゃる団体にも迷惑です。同じ事を訴えているとしても、ただただ言いたいだけの連中はその活動そのものに悪いイメージをつけてしまいます。

 本当に良いことならば考えを押し付けるのではなく、理解してもらう努力を先にしましょう。

 

 と、少し愚痴っぽくなりましたが、今回は「メリークリスマス」の「メリー」のような以外と知らない宗教用語を少し紹介したいと思います。

 かなり強引な導入で申し訳ない。

 

 

 さて、ご存じでしょうか、何か良い事があったのか物凄くテンションが高く上がってる人に「有頂天」になってるなぁ、や「有頂天」やなぁ。という言葉を使うことがあります。

 まぁ、最近は耳にしないですが、とあるホテルの映画に使われたくらいかな?

 この「有頂天」は六道の一つ天道にある無色界の「非想非非想処」という場所(一番上と言うことになります)のことです。

 つまり宗教用語です。

 また、同じ場所繋がりでいうと、「金輪際(こんりんざい)」があります。

 二度と会わない、なんて意味合いで金輪際会わないと言うことがあります。

 この「金輪際」もまた宗教用語で、「金輪」と「水輪」の狭間のことと言われています。

 ざっくり簡単に説明するとそれ以上行くと戻れない境界線です。

 金輪の底の底という意味です。

「金輪際○○しない」と否定を伴う言葉です。

 

 また、「転生」なんて言葉はまんま宗教用語なので、押し付けがましく宗教用語使うなってただただ言いたいだけの人はゲームすらしてはいけませんね。

 シューティングであと何機あるとか、RPGで死んでもセーブポイントからとか、まんま転生や再生の概念ですから。

 それこそ宗教です。

 子供に絵本や童話を読み聞かせるなんて、もっての他ですね。

 桃太郎は宗教用語ではありませんが出てくる設定やらは完全に宗教が関係しています。

 桃は厄除け鬼は鬼門(丑寅)の方角、桃太郎のお供は鬼門の反対側に位置する方角(申酉戌)を意味しています。

 道教ですね。

 つまりは宗教用語です。

 十干十二支(甲乙丙と続く十干と、子丑寅と続く十二支です)の組み合わせで甲子(きのえね)などと十二支占いや今年の干支なんてのも宗教ですね。

 こうなると閏年(うるうどし)も宗教が関係してきます。干支が一回りして還暦ってのもそうですね。

 甲子園なんて正にその最たるものと言えます。

 甲子(大正13(1924)年8月1日)に甲子園球場が完成した事から名付けられたのですから。

 これもまた宗教用語なので高校野球も見れませんね。

 なんせこれも道教の言葉ですから。道教は三教(儒教・仏教・道教)の一つですからね。

 

 さて、いかがですかな?

 思ってた以上に身の回りにあるでしょう?

 他にも探せば沢山あります。

 皆さんには宗教とうまく付き合ってもらいたいと思います。知らず知らず使っている言葉も何らかの宗教や差別的な表現かもしれません。

 こういったことを気にすることは、とても大切なことですが、その考えを無理に人に押し付けるのはまた別の話です。

 本当に人に訴えたいのであれば、しかるべき手続きをして団体に参加するか、自身で正式に団体を作り活動をするかです。

 

 あれもダメこれもダメ、これは良いあれは良いと口で言うのは簡単です。それに対処するのがどれだけ大変でお金と人手が必要なのか。よく考えてもらいたいものです。

 

 自分の都合のいいことはそのままに、都合の悪いことは直してほしい。なんて考え方は自己中と言う他ないですから。

 

 自分自身も含め、皆さんにも心当たりはありませんか?

 お互いに気を付けないといけませんね。

このページの先頭へ