ミチノスケのやったるわ!!

ぶつぶつMutter

ミチノスケとやってさんによる独り言を、掲載しているページです。中にはお宝な話がみつかるかも?(あ、あまり期待しないでください!)

ハロウィン

公開日: 作成者:やってさん

 ども、やってさんです。

 ご無沙汰過ぎる更新で申し訳ない。

 さてさて、今回のぶつぶつは10月31日の秋のイベント、ハロウィンです。

 アイルランドやスコットランドのお祭りです。

 日本でも巷では既にハロウィン色になっています。

 近年仮装等がニュースになるなど徐々にその認知度が高まり、経済効果もすごいことになっているそうですね。

 

 そもそもハロウィンは日本で言うところの収穫祭やお盆に近い行事として知られていて、死者が戻ってくると言われているものです。その為子供などが襲われないように、我々も同じですよとお化けなどの仮装をするんだそうです(諸説あり)。

 

 有名なカボチャの飾り、あの怖い顔を掘った黄色い大きなやつです。「ジャック・オ(もしくはオー)・ランタン」と言うのですがご存じでしょうか?

 名前やカボチャの置物としては知っていても、結局あれは何なんやろ?って感じですよね?

 これは「ジャック」さんと言うお爺さんが提灯「ランタン」を持っているところから来ています。つまり「ジャックさんの提灯」です。

 なのでカボチャの中を掘り、穴をあけ顔を作り、その中にろうそくを入れ、灯りとして玄関に置いておく。そこらじゅうでカボチャのランタンが溢れてくるとハロウィンだなと思います。

 日本の節分での鬼避けに使う、鰯の頭と柊の葉で作る厄除けに似た意味を持ち、怖い顔のカボチャのランタンで悪霊を追い払うそうです。なので町中では色んな所に飾られ、目に入る機会が増えることにより、ハロウィンの象徴的なものとして扱われ、そういった風景になるわけです。

 ちなみに元々はカブです。諸事情によりアメリカで生産が盛んなカボチャに変わり、それが定着したと言われています。調べてみると「諸事情やな」って思えます。

 良い霊を呼んだり、悪霊を退けるとされています。また、旅人の道案内をするとも言われています。

 これを日本で言うところの「妖怪」とするならば「鬼火」や「火玉」と呼ぶべきものの類いとされています。性質的には違いますが、種類としては、です。

 ウィル・オー・ザ・ウィスプと言います。気になった方は調べてみては?

 

 よく勘違いされやすいですがキリスト教関係のイベントではありません。起源はケルト人の収穫祭といわれています。

 

「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言いながら子供たちが近隣の家々を訪ねてお菓子を貰ってくるのもハロウィンでは有名です。

 これは日本の現代社会で本当の意味で必要なことかもしれません。

 御近所付き合いが希薄な現代だからこそ注目すべきことかもしれません。

 仮装は二の次、お菓子をたらふく買って子供たちに配ってみてはいかが?

 御近所で仲良くなれば人の目が監視カメラの代わりとなり、少しは犯罪発生を抑止することになるかもしれませんよ?

 

 ハロウィンと言えば仮装ですが、マナーの悪い方などが時折ニュースになったり、揉め事の種になったりすることもあります。

 皆さん、仮装もルールやマナーを守って楽しくしましょう。迷惑をかけるとせっかくの楽しさが台無しになるかもしれませんしね。

 

 ではでは「トリック・オア・トリート!」

このページの先頭へ